~ 豊かな発想と確かな技術で省力化 ~

熱カシメ機に対してよくある質問

Q1. 高強度・高耐熱性の樹脂カシメは可能ですか?

A1. PPS、PEI、PPA、PBT等の実績があります。

Q2. 樹脂同士の接着・溶着は可能ですか?

A2. 接着・溶着はできませんが、弊社の熱カシメ機でカシメることは出来ます。
たとえば、加工部品を溶解させるタイプの溶着機(超音波式等)であれば樹脂同士の接着は可能ですが、弊社の熱カシメ機は、加工部分を加熱して変形(塑性変形)させることによって、ネジを使わずに硬く締める(カシメる)ことを特色としております。

Q3. 設備以外に必要な付属品はありますか?

A3. カシメ対象のワークに合わせたワーク置き台・押さえ型(カシメホーン)他、数点の専用治具が必要です。

Q4. オプションについて

A4. エアーシリンダー式移動テーブルユニット、エアー吸着ユニット・エアーブローユニットをラインナップしております。
その他、安全カバー等お客様のご要望に応じたオプション製作を承っておりますので、弊社担当まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

Q5. ハンドプレス式の簡単で安価な熱カシメ機はありますか?

A5. 弊社では、お客様に高精密な熱カシメを簡単に実現していただけるよう、自動化・省力化のための装置を提供しております。
したがって、手動式の熱カシメ機は取り扱っておりません。
しかし、比較的安価な熱カシメ機がございます。

Q6. カシメ直後のワーク(樹脂部品)に糸引きはありませんか?

A6. 弊社の熱カシメ機はワークを加熱して変形(塑性変形)させる方式ですので、ワークの溶解がないため糸引きはありません。

Q7. カシメ機の貸し出しはありませんか?

A7. 装置導入を前提に貸出を行っております。
しかし、ワークに合わせた専用治具はお客様にてご用意いただいております。
装置導入をご検討いただいている段階で、装置確認等を行いたい場合は、弊社にデモ機がございますので、ご来社いただき、ご確認をお願い致します。

Q8. 代理店はありませんか?

A8. 弊社に代理店は無く、直販体制を採用しております。
お客様ご指定の代理店を通じての販売は可能となっておりますので、弊社担当までお気軽にお問合せ下さい。