~ 豊かな発想と確かな技術で省力化 ~

HKS-5002の詳細 

常に一定した加圧力で不良を最小限に抑えます。 ソフトな加圧で、加圧にともなう歪みの発生を防ぎます。
・エアシリンダー式のカシメ機では、供給される圧縮空気圧が変動すると一定の加圧力を維持することが出来ません。
・加圧力の一時的低下はカシメの品質低下の最大原因となります。
・HKS-5002ではサーボモータによる駆動方式のため、常に安定した加圧力を維持できます。
最低10Nからのソフトな加圧が可能なので、小型のワークまたは薄型のワークに発生しやすい歪みを抑えられます。
加圧制御によって均一性がとれた品質の高いカシメ製品に仕上げます。 位置制御での熱カシメによりカシメ不足を防ぎます。
サイズが微妙に異なる個々のワークに合わせて、加圧力を設定する(1N単位で可能)ことによって、それぞれに最適な加圧力で熱カシメできます。 あらかじめ設定した加圧位置で任意の時間停止することができるので、比較的大きなワークに発生しやすいカシメ不足を無くします。
ティーチング機能でカシメ位置の設定が簡単。 タッチパネル式ディスプレイで簡単操作。
手動でカシメ位置の設定をすることが出来ます。 カシメの条件を数値として設定できるので、段取替えや他工場へ持ち出す際の再設定に便利です。(オプションの管理ソフトによりパソコンでの条件保存が可能)
自動化ラインにも組込みが可能。 小型の圧入機としても使用可能。
標準装備の外部インターフェースにより他の自動機との連携運転が可能です。 1回の操作で複数回加圧する機能が有りますので、圧力制御機能との組合せで、高精度な加圧の圧入機・小型プレス機としても使えます。
エアーコンプレッサーが不要。 UV加圧接着機としても使用可能。
AC100V電源のみで運転できるので、どんな場所でも設置が簡単です。※オプションの左右移動テーブル装着時はエアー供給が必要です。 サーボ熱カシメ機は、UV加圧接着機としてもお使いいただけます。適量の接着剤(UV硬化樹脂)をディスペンサーなどで加工部に塗っておき、熱カシメ機のホーン(ただし温めない)で押さえておきながらUV照射装置で照射します。